新型コロナワクチンの接種について

掲載日:2021年4月15日


このページは県民向けのページです。医療機関・医療従事者等の方は「新型コロナワクチンの医療従事者等向け優先接種について」をご覧ください。

※県民の方(医療従事者等は除く)のワクチン接種は、市町村が準備を進めております。ご自身の接種時期や予約方法などは各市町村のホームページをご覧ください。

1 接種を行う医療機関向け案内

2 お知らせ

3 概要

4 スケジュール

5 ワクチン相談コールセンター(厚生労働省)

6 副反応等に関する専門相談コールセンター

7 よくある質問

1 接種を行う医療機関向け案内

保険医療機関コードが存在しない接種施設の手続き

保険医療機関コードが存在しない接種施設は類似コードを取得する必要があります。
取得にあたっては、「類似コードの新規付番申請書」を作成し、神奈川県に提出する必要がありますので、申請書を作成の上、電子申請システムでご提出ください。

※ワクチン接種契約受付システム(厚労省システム)登録後に当該保険医療機関コード等が変更になった場合の手続きについては、現在厚労省で調整中のため、追ってお知らせします。

【提出様式】
類似コードの新規付番申請書(エクセル:1,031KB)

【提出先】
電子申請システム

2 お知らせ

新型コロナワクチンの市町村への配分を決定しました(PDF:197KB)

3 概要

新型コロナワクチンついて、2月から接種が始まっております。
接種は、国からの接種順位に基づき、医療従事者等、高齢者、基礎疾患を有する方等の順で進めていく予定です。

4 スケジュール

 国が示すスケジュールに基づき順次、接種を進めていく予定です。

接種時期 対象者
2月から 医療従事者等
4月12日以降 高齢者
未定 基礎疾患を有する方、高齢者施設等の従事者
未定 その他の方

※接種時期は、3月30日時点での目安です。

5 ワクチン相談コールセンター(厚生労働省)

電話番号

0120(761)770

受付時間

午前9時から午後9時(無休)

※ワクチン接種後の副反応等に対応する相談窓口については、一般の方々向けのワクチン接種が始まる時期に合わせて、開設する予定です。

※聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

6 副反応等に関する専門相談コールセンター

ワクチン接種後に生じた副反応等に係る相談など、医学的知見が必要となる専門的な相談を受け付けるコールセンターです。

【コールセンター】
045-285-0719 (24時間対応) 
※医療機関等の紹介は行っていません。診察を希望される場合は、かかりつけ医や接種した医療機関にご相談ください。

※耳の不自由な方は次の様式(ワード:51KB)に必要事項を入力いただき、FAXよりご相談ください。折り返し電子メールにてご回答差し上げます。
【FAX番号】
045-633-3770

宛名:神奈川県庁医療危機対策本部室ワクチンチーム宛(ただ今メールアドレスを準備中です。)

7 よくある質問

Q1 ワクチン接種費用の自己負担はありますか。

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

Q2 どこで接種ができますか。

近隣の病院、クリニックや市町村が設ける集団接種会場などで接種ができます。
接種場所、予約方法等の詳細は、お住まい(住民票所在地)の市町村からのご案内をお待ちください。

Q3 どのメーカーのワクチンが想定されますか。

現時点では、最初に使用するワクチンとしては、ファイザーのワクチンが想定されています。

Q4 ワクチンは必ず受けなければなりませんか。

ワクチンの接種は、強制ではありません。感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、接種を希望される方は受けてください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa