神奈川県、県立病院機構、湘南鎌倉総合病院の三者が連携し、「精神科コロナ重点医療機関」を設置します

掲載日:2020年5月1日

神奈川県内の新型コロナウイルスの感染患者数が1000人を超え、未だ収束の見込みが立たない中、県は、地域との連携・協力のもと、医療崩壊を防ぐための現場起点の医療体制「神奈川モデル・ハイブリッド版」の整備を進めています。

こうした中で、一般の医療機関では対応が難しい、精神疾患の症状が重く、かつ新型コロナウイルス感染症に感染した方に適切な医療を提供するため、このたび先駆的な取組として、神奈川県立病院機構、湘南鎌倉総合病院と連携し、精神科領域、感染症領域それぞれの強みを生かした「精神科コロナ重点医療機関」を設置します。

1「精神科コロナ重点医療機関」の概要

(1)医療施設の名称、所在地

次の二つの医療施設が緊密に連携して治療に対応します。

  • 神奈川県立精神医療センター
    所在地:横浜市港南区芹が谷
    開設者:地方独立行政法人神奈川県立病院機構
  • 県が設置する臨時医療施設
    所在地:鎌倉市植木字峯ノ下
    開設者:神奈川県

(注記)新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき県が設置する臨時の医療施設(現在整備中)の一部を活用。

(2)機能

  • 両医療施設は、互いに連携するとともに、それぞれ病棟の一部を活用し、精神疾患の症状が重く、かつ新型コロナウイルス感染症に感染した患者の入院治療に対応します。
  • 県立精神医療センターでは、精神疾患に対する総合的な治療を行うとともに、湘南鎌倉総合病院が連携機関として参画し、内科専門医のサポートにより、新型コロナウイルス感染症の治療を行います。
  • 県が設置する臨時の医療施設では、湘南鎌倉総合病院の内科専門医等が新型コロナウイルス感染症の治療を行うとともに、県立精神医療センターが連携機関として参画して精神科専門医や精神科看護師を派遣し、精神疾患の治療を並行して行います。

(3)受入開始予定時期

県立精神医療センターでは、令和2年5月中旬の患者受入開始を目指します。

県が設置する臨時医療施設では、対応する病棟の建設工事完了後、令和2年5月下旬の患者受入開始を目指します。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa