医療体制「神奈川モデル・ハイブリッド版」重点医療機関とPCR集合検査場の拡大について

掲載日:2020年4月30日

県は、地域との連携・協力のもと、医療崩壊を防ぐための現場起点の医療体制「神奈川モデル・ハイブリッド版」の整備を進めています。このうち、「重点医療機関」と「PCR集合検査場」の拡大状況についてお知らせします。

1 重点医療機関の拡大について

神奈川モデルの特徴のひとつである、入院が必要と診断された「中等症」の患者を重点的に受け入れる「重点医療機関」として、新たに3か所に設置することとしました。

新たに設置した重点医療機関

  1. 横須賀市立市民病院(横須賀市長坂1丁目3-2)
  2. 東海大学医学部付属大磯病院(大磯町月京21-1)
  3. 海老名総合病院東館(海老名市河原口1519)

県内の重点医療機関は、これまで県や市が公表した8医療機関を含めて11医療機関になりました(建設予定のものも含む)。

重点医療機関についてはその協力病院も含めて、他にも複数の医療機関と調整中であり、今後も順次拡大していく予定です。

2 PCR集合検査場について

医師会や市町村と連携して進めているPCR集合検査場が、5月中旬までに12か所に設置される見込みです。

設置済み

横浜市(2か所、順次拡大)、横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市・寒川町、大和市

5月中旬までに設置予定

川崎市、平塚市、厚木市・愛川町・清川村、海老名市、小田原市・足柄下郡、南足柄市・足柄上郡

他にも検討中の地域があり、今後も順次拡大していく予定です。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa