新型コロナウイルス感染症「神奈川モデル」の重点医療機関について

掲載日:2020年4月2日

神奈川県では、新型コロナウイルス感染症の拡大に備えた緊急医療体制「神奈川モデル」の構築を進める中で、次の3か所を、入院が必要と診断された中等症の患者を受け入れる「重点医療機関」の第一弾として設置しました。

  • 県立足柄上病院
  • 県立循環器呼吸器病センター
  • 国立相模原病院

それに伴い、県民の方へお願いがあります。

新型コロナウィルス感染症「神奈川モデル」の重点医療機関について

  • 4月1日(水曜)、新型コロナウィルス感染症の神奈川モデルの重点医療機関として、3病院を発表しましたが、その発表後、各病院に住民の方や報道機関からのお問い合わせ、患者の方からの施術のキャンセル等が相次いでいるとのことです。
  • そうした事情の中、国立病院機構相模原病院から次の申し出をいただきました。

相模原病院は現在4床の新型コロナウィルス感染症の病床を確保・備えており、相模原市の感染指定病床が満床になった際のみ患者さんの受入れをしています。他の診療科に関しては、入院・外来ともに通常どおりの診療を行っております。

  • 重点医療機関として中等症患者を受け入れていただくのは、フェーズが移行してからであり、現時点では、各病院とも通常通りの診療を行っていらっしゃいます。
  • また、重点医療機関として患者受け入れをしていただくにあたり、感染症対策について、県からマニュアルをお示し、マスク等についても提供し、医療機関をしっかりと支えてまいります。
  • 地域住民の方におかれましては、改めて御理解と御協力をお願いいたします。
  • また報道機関の皆様につきましても、現時点では、各医療機関が通常の診療を行っていらっしゃることにつきまして、御理解いただき、病院業務の支障となりますので、重点医療機関に関するお問い合わせにつきましては、新型コロナウィルス感染症対策本部報道班あてにいただきますようお願いいたします。

参考:重点医療機関について(令和2年4月1日 記者発表資料) 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa