無症状・軽症の方の療養について

掲載日:2020年8月7日

新型コロナウイルス感染症を乗り切る新たな医療提供体制「神奈川モデル」により、無症状、軽症の方には、宿泊施設や自宅で療養していただいております。

自宅・宿泊療養のしおり(PDF:1,917KB)自宅・宿泊施設療養のおおまかな流れ

受入中の宿泊療養施設

湘南国際村センター

室数 約100室

アパホテル<横浜関内>

室数 451室

横浜市宿泊療養施設

室数 163床 

  • 200床確保していますが、現在の利用可能数は163床となっています。

相模原宿泊療養施設

室数 40室

受入が終了した宿泊療養施設

アパホテル&リゾート横浜ベイタワー

室数 約2,300室
施設の利用は8月6日で終了しました。


【宿泊施設に関するお問い合わせ先】電話 045-285-0636(受付時間 平日9:00から17:00)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa