共同メッセージ(令和2年12月24日)

掲載日:2020年12月24日

神奈川県では、新型コロナウイルスの日々の新規感染者数が300人を超え、感染拡大はとどまることを知りません。これまで医療従事者と行政は一致団結して対応してきましたが、新型コロナウイルスとの闘いにはより多くの医療者と医療施設が必要となっており、現場の受け入れは限界に近づいています。

このままでは、新型コロナウイルス感染症のみならず、県民が通常の医療を受けられなくなる「医療崩壊」につながり、助けられる命が助けられなくなることになりかねません。

いま最も重要なのは、新たな感染者を増やさないことです。このクリスマスや年末年始の皆様ひとりひとりの行動が、皆さんの身近な人の命を救うことにもつながります。

皆様自身の健康のためにも、改めて徹底した感染防止対策をお願いします。

令和2年12月24日

 

 

神奈川県知事

黒岩 祐治

 

神奈川県医師会会長

菊岡 正和

 

神奈川県病院協会会長

新江 良一

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa