神奈川県×キャンパスラボ 風しん撲滅作戦特別企画「理想のワクチン男子」

掲載日:2018年9月10日

神奈川県では、風しん撲滅作戦特別企画として、ミスキャンパスが集結し社会課題解決に取組む「キャンパスラボ」とのコラボを実施中!

ミスキャンパスが語る理想のワクチン男子”第2弾”

理想のワクチン男子を語る!女子会編(2018年8月14日公開)

理想のワクチン男子(女子会編)

 

妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんの耳が聞こえにくくなる、目が見えにくくなる、心臓に病気があるなど「先天性風しん症候群」という病気を引き起こす恐れがあります。風しんは、予防接種で防ぐことができます。

風しんについて、予防接種の費用助成や無料の抗体検査の制度の詳細は風しん撲滅作戦特設ページをご覧ください。

理想のワクチン男子って?

ベトナムフェスタin神奈川2018での風しん予防キャンペーン

平成30年9月8日、9日に開催された「ベトナムフェスタin神奈川2018」内の風しんブースにて、無料の風しん抗体検査のほか、PR動画の上映やグッズ配布、キャンパスラボのメンバーによる啓発活動を実施しました。

ミスキャンパス20名の「理想のワクチン男子」公開中!

キャンパスラボのメンバーが、風しんについて学び、風しん撲滅のためのPR動画を企画しました!

メンバーが、それぞれの「理想のワクチン男子」を語る動画を公開しています。

国際課ページ(英語) PhotoTopics(Sep.17)
「PRVideoforRubellaPrevention“MissCampusTalksabouttheIdealofVaccinatedBoys”」

ダイジェスト版

理想のワクチン男子ダイジェスト版2017年

 

各本編(20編)

北谷さん

「デキる人」編
(横浜市立大学・北谷桃子さん)

鎌田さん

「ウケる人」編
(日本大学・鎌田園未さん)

辛島さん

「アツい人」編
(國學院大學・辛島千咲さん)

軍司さん

「しっかりしてる人」編
(実践女子大学・軍司莉奈さん)

寺西さん

「スポーツマン」編
(駒澤大学・寺西麻帆さん)

末金さん

「甘えさせてくれる人」編
(國學院大學・末金柚奈さん)

デイビスさん

「思いやりのある人」編
(横浜市立大学・デイビス美也那さん)

雨宮さん

「自分に自信がある人」編
(國學院大學・雨宮七紀さん)

安藤さん

「癒してくれる人」編
(東京医科歯科大学・安藤加織さん)

竹本さん

「大切に思ってくれる人」編
(日本大学・竹本萌瑛子さん)

谷川さん

「知的な人」編
(東京理科大学・谷川未央さん)

諏訪さん

「ストイックな人」編
(慶應義塾大学・諏訪実奈未さん)

山田さん

「包容力のある人」編
(日本大学・山田梨央さん)

大迫さん

「もってる人」編
(東京理科大学・大迫瑞季さん)

平田さん

「一途な人」編
(青山学院大学・平田佳奈さん)

佐藤さん

「たくましい人」編
(上智大学・佐藤春花さん)

森田さん

「気遣いできる人」編
(共立女子大学・森田真理華さん)

柳田さん

「さりげない人」編
(学習院女子大学・柳田菜月さん)

キャンパスラボ風しん撲滅レポート

キャンパスラボメンバー コメント

「風しん撲滅作戦」コラボ企画プロジェクトリーダー東京医科歯科大学安藤加織さん

キャンパスラボリーダー今回キャンパスラボは、神奈川県の「風しん撲滅作戦」の一環として、皆様に風しんの抗体検査や予防接種を受けることを呼びかける動画を一緒に企画させていただきました。
私は医療を学ぶ学生として、社会全体の健康を守るため、セルフケアの大切さをもっと知って実践してほしいという想いでこの企画に参加させていただいています。
風しんから妊婦の方や赤ちゃんを守るためには、社会全体が予防意識を持つことが大切だと感じています。今回私たちが学び、一緒に企画させていただいたことが、「理想のワクチン男子」が増えるためのきっかけになるよう、今後も頑張って活動していきたいです。

「キャンパスラボ」とは?

「キャンパスラボ」とは、各大学のミスキャンパスで構成された、社会課題解決プロジェクトチームで、企業や自治体と商品開発からプロモーション立案まで一貫して考え、実践するチームです。

キャンパスラボロゴマーク キャンパスラボメンバー2018年

 

 

 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる