横浜港で検疫中のクルーズ船内で確認された新型コロナウイルス感染症について

掲載日:2020年2月7日
2020年02月07日
記者発表資料

「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客について、新たに41人の方に、新型コロナウイルスの陽性が確認されました。

このため、厚生労働省からの依頼により、本日午前11時頃から神奈川県内の4ヶ所の医療機関へ数名の患者を搬送予定です。その他の患者は、厚生労働省と協力して、東京等の県外の医療機関へ搬送予定です。

県では、患者の円滑な搬送を行うため、知事が神奈川DMATに派遣要請を行い、神奈川DMATが現地本部で国や他の自治体と連携して、対応を行います。

受入先の医療機関は、感染症に対する適切な医療を提供でき、患者の出入り口を分ける等、感染症のまん延防止の機能を備えた医療機関です。

 

なお、受入医療機関や他の患者の混乱を避けるため、報道機関におかれては、特段のご配慮をお願いします。

 

詳細については、厚生労働省の記者発表資料をご確認ください。

 

別添資料:厚生労働省記者発表資料(PDF:195KB)

問合せ先

神奈川県健康医療局保健医療部健康危機管理課
課長 森 電話045-210-4790

感染症対策グループ 橋本 電話045-210-4791

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。