ハードディスクから復元されたデータの消去等について

掲載日:2019年12月27日
2019年12月27日
記者発表資料

1復元データの消去

県が富士通リース株式会社横浜支店とのリース契約満了に伴い返却したサーバーから、県のデータが消去される前に盗まれ、オークションに出品され、情報提供者が落札した9本のハードディスクから復元されたデータが、本日すべて消去されたと連絡がありましたのでお知らせします。

  • 情報提供者がデータ復元ソフトを使用して復元したデータは、情報提供者に対して、県に回収させていただくか、ご本人による消去のお願いをしていましたが、本日、復元データが格納されているすべてのハードディスクを、データ消去(物理破壊)されたことを、仲介者である朝日新聞社が確認したと、同社から県に報告がありました。
  • また、情報提供者が復元データを自らインターネットや外部に公開していないこと、今回データ消去した以外に、ハードディスクの複製やバックアップ、ファイルのコピーは、一切行っていないとの報告も、同社を通じて受けています。

2富士通リース株式会社からのデータ消去証明書

県が回収した18本を除く、378本のハードディスクのデータ消去証明書について、12月18日に知事から富士通リース株式会社代表取締役社長に対して、年内中に提出するよう求めているところですが、富士通リース株式会社からは、消去作業を委託した株式会社ブロードリンクから作業報告書の提出を受けることができず、年内中には提出が難しい旨、本日書面により報告がありました。県としては引き続き、富士通リース株式会社に対して、一刻も早いデータ消去証明書の提出を強く求めていきます。

問合せ先

神奈川県総務局ICT推進部

部長 市原 敬 電話045-210-3006

情報システム課課長 安藤 昌弘 電話045-210-3303