平成29年度の県配偶者暴力相談支援センターにおけるDV相談等の件数について

掲載日:2018年6月7日
2018年06月07日
記者発表資料

県では、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(DV防止法)に基づき配偶者暴力相談支援センターを設置し、DV相談等をお受けしています。このたび、平成29年4月から平成30年3月までの1年間に、県所管の配偶者暴力相談支援センターで受け付けたDV相談等の件数をとりまとめたので、お知らせします。

1 相談件数

県配偶者暴力相談支援センターで受け付けたDV相談件数は4,874件となっており、そのうち被害者本人からの相談は3,531件で、暴力の種類別(重複あり)でみると、言葉などによる精神的暴力が3,251件、殴るなどの身体的暴力が1,939件、生活費を渡さないなどの経済的暴力が1,035件などとなっています(資料1参照)。また、多言語(英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語、タガログ語、タイ語)による相談は783件でした。

(件)

年度 相談件数 (うち多言語)
25年度 5,609 1,102
26年度 5,255 866
27年度 5,416 951
28年度 4,675 1,045
29年度 4,874 783

 

上記のうちDV被害者本人のみ

(件)

年度 相談件数 (うち多言語)
25年度 3,755 470
26年度 3,809 391
27年度 4,101 420
28年度 3,441 488
29年度 3,531 359

 

2 一時保護件数

加害者による更なる暴力や追及の可能性が高い場合には、DV防止法に基づき、神奈川県が一時保護を行っています。
保護件数は182件で、このうち約7割が子どもを同伴していました。

(件)

年度 単身 母子 合計
25年度 92 161 253
26年度 84 142 226
27年度 65 141 206
28年度 81 121 202
29年度 54 128 182

3 相談窓口

神奈川県内では、県所管のほか、横浜市、川崎市、相模原市が、DV防止法に基づく配偶者暴力相談支援センターを設置し、DV相談等をお受けしています。(資料2参照)
一人で悩まず、まずご相談ください。

 

資料1 平成29年度DV相談等件数の内訳(PDF:543KB)

資料2 神奈川県内の配偶者暴力相談支援センターの相談窓口(PDF:538KB)

問合せ先

福祉子どもみらい局人権男女共同参画課

課長 添田
電話045-210-3630

男女共同参画グループ 新井
電話045-210-3640

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。