ヘイトスピーチ専門相談を開始します

掲載日:2020年1月22日
2020年01月22日
記者発表資料

本県では、神奈川県弁護士会と連携して、本邦外出身者に対する差別的な言動(ヘイトスピーチ)で悩んでいる方々を対象とした、弁護士による専門相談会を開始します。
専門相談の実施により、ヘイトスピーチに苦しむ方々に対する法律上の支援や悩みの緩和を図り、相談される方々の人権問題の解決を目指します。

1 専門相談の開始

(1) 定期相談

毎月1回、日時と場所を決めて相談に応じるものです。予約制で一組1時間30分以内のご相談となります。(2)の随時相談と併せて複数回ご利用ができます。令和2年3月までの予定は、次のとおりです(4月以降は、県ホームページでご案内いたします。)。

回数 日時
第1回(1月) 1月28日(火曜日)9時30分~12時30分
第2回(2月) 2月26日(水曜日)9時30分~12時30分
第3回(3月) 3月25日(水曜日)9時30分~12時30分

場所:横浜市内(申込みされた方にお伝えします。)

(2) 随時相談

相談なさる方のお住まい、ご都合に応じ弁護士を派遣します。県が相談を希望する方と弁護士の都合をお聞きし調整して、指定の日時、場所でご相談いただきます。1回1時間30分以内のご相談となります。
※定期相談、随時相談とも1室1組の相談対応となり、相談内容等の秘密は守られます。

(3) 対象

日常生活やインターネット上での不当な差別的言動で、誹謗中傷を受けた県内に居住する外国籍県民及び集団等(外国につながりのある日本国籍県民を含みます。)。

(4) 相談対応者

神奈川県弁護士会所属弁護士

(5) 相談料

無料

2 予約受付申込先

上記定期相談、随時相談とも県人権男女共同参画課電話045-210-3637(平日8時30分~17時15分)
ご予約は、お電話でお願いいたします。

《SDGsの推進について》

県では、SDGsの達成にもつながる取組として、本邦外出身者に対する差別や偏見で苦しんでいる方々に寄り添い、人権がすべての人に保障される地域社会の実現をめざします。

SDGs10

kensyou

問合せ先

福祉子どもみらい局人権男女共同参画課

課長 添田
電話045-210-3630

人権・同和グループ 森
電話045-210-3637