個人情報の含まれる文書の紛失について

掲載日:2018年11月28日
2018年11月28日
記者発表資料

女性相談所が作成し発送した個人情報の含まれる文書を紛失しましたので、お知らせします。

1 紛失した文書

平成30年6月21日付けで発行した「配偶者からの暴力の被害者の一時保護に関する証明書」

2 経緯

  • 6月初旬に、女性相談所に入所していた本人より退所時に、「配偶者からの暴力の被害者の一時保護に関する証明書」の交付申請を収受しました。
  • 6月27日に、女性相談所職員が、支援を実施している県内X市担当課あてに、証明書を逓送※で送付しました。

 ※ 本庁機関と各出先機関及び県内市町村(本庁等)との間における文書の集配

  • 11月12日に、本人から再び証明書の発行の依頼が同市担当課へあり、同課より、女性相談所へ発行依頼がありました。
  • 11月15日に、女性相談所から同市担当課へ、6月27日に同課あてに送付していることを伝えましたが、同市では受領されておらず、申請者本人も受け取った記憶がないということが判明しました。そこで、捜索を開始しましたが、現在まで当該文書は発見されていません。
  • 申請をされた方に対し、紛失について説明の上、謝罪を行いました。

3 文書に記載されていた個人情報の内容

  • 証明書には、申請者の「氏名」「性別」「生年月日」「配偶者からの暴力を理由として一時保護されたことの証明」が記載されています。
  • なお、現時点では、個人情報の流出は確認されていません。

4 今後の対応

  • 引き続き、当該文書を捜索します。
  • 適切な文書管理の徹底に努め、発送方法を検討するなど、再発防止を図ります。

問合せ先

神奈川県福祉子どもみらい局人権男女共同参画課

課長 添田
電話 045-210-3630

男女共同参画グループ 新井
電話 045-210-3640