「かながわ男女共同参画推進プラン(第4次)」がスタートします!
ーともに生きる社会、ともに参画する社会へー

掲載日:2018年3月29日
2018年03月29日
記者発表資料

本県では、これまで、かながわ男女共同参画推進プランを基に、男女共同参画社会の実現に向けた施策に取り組んできましたが、未だに低調な政策・方針決定過程への女性の参画状況や、結婚や出産に伴う女性の就業継続の難しさ、長時間労働を前提とした働き方、高齢単身女性や母子世帯の貧困など、依然として様々な課題があります。こうした課題や社会環境の変化を踏まえ、この度、かながわ男女共同参画推進プランを改定しました。

1改定のポイント

  • 長時間労働の是正を始めとした働き方改革の推進に取り組みます。
  • 困難を抱えた女性等に対する支援を新規に追加します。
  • ライフキャリア教育の支援等の取組みにより、特に若年層に向けた意識啓発を強化します。
  • 男女の置かれている状況を把握するため、男女別統計の推進を新規に追加します。
  • 男女共同参画審議会によるプラン進捗状況の評価を新規に追加します。
  • 本プランを「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」の都道府県推進計画として、位置づけます。

2「かながわ男女共同参画推進プラン(第4次)」の概要

(1)計画の性格

男女共同参画社会基本法第14条に規定された、県における男女共同参画社会の形成を促進する施策についての基本的な計画です。

(2)計画期間

2018年度から2022年度までの5年間とします。

(3)基本目標

「ともに生きる社会、ともに参画する社会へ」

家庭、職場、学校、地域など、人生の様々な場面で、誰もが性別にかかわりなく、共に生き、共に参画し、活躍できる…そんな社会をめざします。

(4)基本理念

県は、次の4つの基本理念に基づき、市町村、NPO、民間企業等との連携を図りながら、施策を遂行していきます。

  • 人権の尊重:性別による権利侵害や差別を受けず、男女が個人の能力を発揮できるようにすること
  • あらゆる分野への参画:社会のあらゆる分野で、男女が意思決定過程に共同して参画できるようにすること
  • ワーク・ライフ・バランスの実現:働き方を見直し、誰もが、仕事と家庭生活との両立ができるようにすること
  • 固定的性別役割分担意識の解消:性別による固定観念にとらわれず、社会のあらゆる活動において、男女が個性や適性に応じた自由な選択ができるようにすること

(4)重点目標及び施策の基本方向

長時間労働などにより、仕事と家庭の両立が難しい状況が続いているほか、未だに低調な政策・方針決定過程への女性の参画状況や、高齢単身女性や母子世帯の貧困などの各種課題を踏まえるとともに、女性活躍推進法、国の「第4次男女共同参画基本計画」等を勘案し、次の5項目を重点目標として、施策に取り組みます。

  • 重点目標1 あらゆる分野における男女共同参画
  • 重点目標2 職業生活の充実とワーク・ライフ・バランスの実現
  • 重点目標3 男女共同参画の面から見た健やかで安心なくらし
  • 重点目標4 男女共同参画社会の実現に向けた意識改革と基盤整備
  • 重点目標5 推進体制の整備・強化

「かながわ男女共同参画推進プラン(第4次)は、県のホームページからご覧いただけます。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/fz3/4plan.html)

3県民意見募集の結果

「かながわ男女共同参画推進プラン(第4次)」の策定にあたり、平成29年10月13日(金曜日)から11月15日(水曜日)まで改定素案に関する意見募集を行い、180件のご意見・ご提案をいただきました。

いただいたご意見に対する県の考え方については、県のホームページで公表しています。

「かながわ男女共同参画推進プラン」改定素案に関する意見募集の結果について

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/fz3/pub/c5291237.html)

問合せ先

神奈川県県民局くらし県民部人権男女共同参画課

課長 千葉 電話 045-210-3630

男女共同参画グループ 大塚 電話 045-210-3640