九都県市では共同キャッチフレーズを作成し、デートDV未然防止の啓発に取り組みます

掲載日:2018年4月14日

九都県市では共同キャッチフレーズを作成し、デートDV未然防止の啓発に取り組みます

~11月12日から11月25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間~
(九都県市同時発表:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)
若年層における交際相手からの暴力、いわゆるデートDVによる被害は、近年深刻さを増しています。
「デートDV」の認知度は、DVと比べ低く、知らぬ間に被害者・加害者となる恐れがあり、当事者意識の醸成が必要です。
デートDVの加害者・被害者を一人でも減らすことを目的とし、デートDVの認知度向上への取組みとして、九都県市で共同のキャッチフレーズを定め、デートDV未然防止の啓発に取り組みます。

共同キャッチフレーズ

「言い訳にしない「好きだから」~ストップデートDV~」

重点実施期間

「女性に対する暴力をなくす運動」期間(平成29年11月12日(日曜日)~25日(土曜日))から
平成30年3月31日(土曜日)

実施方法

共同キャッチフレーズを活用し、様々な機会を捉えてデートDV未然防止の啓発を行います。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。