【第22回人権メッセージ展出展団体のご案内】横浜地方法務局・神奈川県人権擁護委員連合会

掲載日:2018年4月14日

活動写真3

12月3日(日曜日)に出展する、横浜地方法務局・神奈川県人権擁護委員連合会のご紹介です。

私たちは法務省の人権擁護機関です。法務局の職員と,神奈川県内約400名の法務大臣が委嘱した人権擁護委員とで,人権に関する相談を受けたり,人権侵犯事件として被害者救済手続を行っています。また,国民の皆さん一人一人の人権意識を高め,人権への理解を深めてもらうため,学校での「人権教室」,「人権の花運動」や,「セクハラ・パワハラ」防止のための企業研修等,地域に根差した様々な人権啓発活動を行っています。

 

【活動の様子】

【人権週間(毎年12月4日から10日)】12月10日の人権デーを最終日とする一週間が「人権週間」です。県内各所にて、様々な人権啓発イベントが開催されています。

活動写真2

【子ども人権レスキュー】各種人権擁護活動をお知らせするために、毎年4月の新学期にあわせて県内の小中学校などに配布している壁新聞です。

横浜地方法務局紹介画像

【各種人権相談強化週間】人権問題の解決を図るための相談活動を強化することを目的として、毎年実施する強化週間です。子ども、高齢者・障害者、女性を対象とした相談の強化週間を実施しております。

活動写真4

【スポーツ組織と連携・協力した人権啓発活動】横浜FマリノスなどのJリーグクラブをはじめとしたスポーツ組織と連携・協力をして人権啓発活動を実施しています。スタジアムでの啓発活動やスポーツ人権教室などを行っています。

活動写真5

【人権教室】子どもたちに人権について考えてもらうための人権教室を開催しています。保育園・幼稚園や小学校などに行って紙芝居などを使用して啓発活動を行います。

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa