業務従事者届

掲載日:2018年12月11日

歯科衛生士、歯科技工士、保健師、助産師、看護師、准看護師の方は届出が必要です

 業務に従事している歯科衛生士、歯科技工士、保健師、助産師、看護師、准看護師の方は、法律により2年ごとに届出を行うことが義務付けられています。

 今年(平成30年)は、届出を行う年にあたりますので、平成30年12月31日現在、業務に従事されている方は、平成31年1月15日火曜日までに就業先を管轄する保健所(県保健福祉事務所・センター等)へ届け出てください。詳細は次の各項目に記載のとおりです。みなさんの届出は、就業場所や雇用形態等、医療行政の基礎資料となります。

届出が必要な方

  • 歯科衛生士
  • 歯科技工士
  • 保健師
  • 助産師
  • 看護師
  • 准看護師

 平成30年12月31日現在で、業務に従事している方は届け出る必要があります。

 (休暇中、休職中、産休中、育児休業・介護休業中の方も、就業先を退職していない限りは届出が必要です。)

届出用紙の配布場所

 県内の保健所で配布しています。

 
 このページから届出様式をダウンロードすることもできます(エクセル・PDF形式)
 ダウンロードする場合は、A4用紙に印刷し保健所等へ届け出てください。(メールでの届出はできません)

提出先及び期限

 記入を終えた届出用紙は、平成31年1月15日火曜日までに就業先を管轄する保健所(県保健福祉事務所・センター等)へ提出してください。

 県内の保健所

Q&A

 Q 看護師として働いていますが、就業先は病院や診療所ではありません。届出は必要ですか?

 A 必要です。就業先に関係なく、お持ちの免許を必要とする業務に就いている場合は、届け出る必要があります。

 Q 12月31日時点は産休期間中です。届出は必要ですか?

 A 必要です。12月31日の時点で退職していない限りは、届け出る必要があります。

 Q 免許を持っていますが、12月31日時点は職に就いていません。届出は必要ですか?

 A 不要です。歯科衛生士、歯科技工士、保健師・助産師・看護師・准看護師の方は、職に就いていない場合、届け出る必要はありません。

 Q 免許を持っていますが、現在は関係ない業務に就いています。届出は必要ですか?

 A 不要です。お持ちの免許を必要とする職務に就いていない場合、届け出る必要はありません。

 Q 届け出るのに手数料はかかりますか?

 A かかりません。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。