設計等の業務に関する報告書

掲載日:2019年6月14日

建築士法第23条の6の規定により、建築士事務所の開設者は、事業年度ごとに、「設計等の業務に関する報告書」の都道府県知事への提出を義務付けられています。

提出された書類は窓口で5年間閲覧に供されます。(同法23条の9)

報告書を提出しなかった場合、30万円以下の罰金に処せられる場合があります。(同法41条)

報告事業年度と提出期間等について

開設者

事業年度

報告書の提出期間

備考

個人

1月1日から12月31日まで

事業年度終了日(12月31日)から3か月以内

押印は個人印

法人

決算日までの一年間

事業年度終了日(決算日)から3か月以内

押印は代表者印

※新規登録事務所の初回報告時は、登録日から事業年度の終了日までとなります。

※業務実績がない年度も「業務実績なし」として、提出が必要です。

提出方法と必要書類

郵送または窓口にて受付いたします。必要書類、提出方法は下記の通りです。

 

必要書類

提出方法

郵送

設計等の業務に関する報告書 1部(正本のみ)

※(控えが必要な方)

確認印返送用はがき又は副本+返信用封筒(120円切手貼付)を同封ください。 

必要書類を折らずに封筒へ入れ、下記へ送付して下さい。

(送付先)〒231-8588横浜市中区日本大通1

神奈川県建築安全課指導監督グループ報告書係あて

窓口

設計等の業務に関する報告書 1部(正本のみ)

※(控えが必要な方)

副本をご持参ください。

受付日・時間に窓口へご提出下さい。

(窓口)神奈川県庁新庁舎11階 地図

建築安全課指導監督グループ

(受付日)月曜日から金曜日(閉庁日を除く)

(受付時間)9時00分から11時30分まで及び13時00分から16時30分まで。

※正本は書類の左上をホチキス留めまたはクリップ留めとしてください。

※返送用はがきや副本がなく、正本のみご提出の場合は、確認印の押印希望がないものとして受付します。

報告書様式

 様式は下記よりダウンロードしてご利用ください。
  • 設計等の業務に関する報告書―記入例(PDF) ←提出前に必ずご確認下さい。
  • 設計等の業務に関する報告書―様式(PDF,Word,Excel)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa