建築士事務所の処分について

掲載日:2018年5月31日

建築士法、建築基準法等の法令に違反する行為等不正行為を行った神奈川県知事登録の建築士事務所に対し、建築士法の規定に基づき、監督処分(戒告処分、1年以内の期間を定めた事務所閉鎖処分、事務所登録の取消処分の3種類)を行っています。 

※『建築士法による建築士及び建築士事務所の処分等の公表基準』が施行された平成25年11月14日以降の処分等について、処分の日の属する年度の翌年度の開始の日から起算して5年間公表しています。

※平成25年11月13日までの処分については、閉鎖処分を当該期間のみ(執行停止中のものを除く)及び登録の取消処分を処分の日から5年間公表しています。

建築士事務所の監督処分情報

 
 

関係基準

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。