就農施設等資金のご案内

掲載日:2018年3月26日

概要

農業経営を開始する際の設備投資に必要な費用を認定就農者等の方に無利子で融資する国の制度資金です。
 貸付金の原資は、国と県が2:1の割合で負担しています。

※なお、この資金は平成26年度から経過措置のみの運用となっています。
 経過措置の内容については、下記「当資金の経過措置について」をご覧下さい。

貸付対象者

認定就農者(新たに就農しようとする青年等で、平成26年10月までに県知事から就農計画の認定を受けた者)

資金使途

機械・施設の購入など農業経営を開始するための資金

償還期間(うち据置期間)

12年以内(5年以内)

貸付利率

  • 無利子

融資機関

  • 農業協同組合(神奈川県農業信用基金協会の債務保証を利用できる場合があります)等

貸付限度額

 
青年
(15歳以上40歳未満)
3,700万円
中高年
(40歳以上65歳未満)
2,700万円

融資率

 
青年 2,800万円まで 100%
2,800万円を超える額 50%
中高年 1,800万円まで 100%
1,800万円を超える額 50%

当資金の経過措置について

就農支援資金制度については、平成26年4月1日に根拠法であった「青年等の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法」が廃止され、現在は経過措置のみの運用となっています。経過措置では、

・平成26年10月までに県知事から就農計画の認定を受けた者であること
・当資金を利用したい事業について、就農計画にあらかじめ、その事業に就農支援資金を活用する旨記載されていること(就農計画に沿った事業であること)
・経営を開始してから5年以内であること

の3点を満たす方に対して、引き続き県による就農支援資金の貸付けを行うこととなっています。
 
 ただし、予算による貸付枠の制限や、その他細かい要件もございますので、資金のご利用の際は随時お問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

資金の内容についてご不明な点などありましたら、下記リンク先をご参照のうえ、お近くのお問い合わせ先へご確認ください。