神奈川県果樹農業振興計画

掲載日:2018年5月22日
選果場

平成28年3月に平成37年度を目標とする神奈川県果樹農業振興計画を改定しました。今後、神奈川県の果樹農業の振興については、本計画に基づき進めてまいります。(計画本体はこちら) [PDFファイル/574KB]

1 果樹農業振興に関する方針

(1) 基本的な考え方

本県果樹農業の振興を図るため、「果樹農業振興基本方針」及び「かながわ農業活性化指針」の施策の方向に即し、流通・消費面において、地産地消の推進や加工・小売・食品関係業者等の実需者(以下、実需者という。)と連携するとともに、生産・加工面において、産地内における生産者や出荷組織、指導者の連携強化を図り、果実の消費拡大・生産者の所得向上を目指す。

 ア 流通・消費面での対策推進

市場流通、直売・宅配に加え、実需者の多様なニーズや期待に応じたものを生産する「マーケット・イン型農業」に生産者・JA・実需者が連携して取り組むことにより、果樹農業の新たな展開を推進する。また、情報発信やブランド力を強化するほか、収穫体験や栽培体験を経営の一環として取り入れ、農業への理解を深める。

 イ 生産・加工面での対策推進

農地の有効利用、基盤整備・園地集積により、農業経営の効率化を図り、新たな労働力の確保を促すとともに、経営感覚に優れた果樹経営者を育成する。また、開発された新品種や技術を導入し、他県との差別化やブランド化を図る。さらに、産地自らが、具体的な目標と戦略を示す「果樹産地構造改革計画」を策定し、各産地の特長を生かした果樹生産を推進する。

(2) 目標年度 平成37年度

 

(3) 果樹生産の技術課題等に対応した品目別取組方向

うんしゅうみかん、その他かんきつ、ぶどう、なし、かき、うめ、キウイフルーツ、いちじく、ブルーベリー、くりについて、現状と課題を整理し、取組方向を示した。

2 栽培面積とその他果実の生産目標

うんしゅうみかん、その他かんきつ、ぶどう、なし、かき、うめ、キウイフルーツ、いちじく、ブルーベリー、くりについて示した。

3 その区域の自然的経済的条件に応ずる近代的果樹園経営の指標

(1) 栽培に適する自然的条件

高品質な果実生産を図る観点から、果樹の栽培に適する地域に関する年平均気温、低温要求時間及び降水量に関する基準を示した。

(2) 効率的かつ安定的な果樹園経営に経営類型

安定した経営を実現できる果樹園経営を目標として、果樹複合経営で5類型を設定するとともに、それぞれの根拠となる指標を示した。

 4 土地改良とその他生産基盤整備に関する事項

農作物の集出荷作業の省力化、流通の改善及び観光農業の振興等を図るため、農道整備を推進するほか、小規模な土地基盤整備や優良品種への改植等により生産性の向上を図る。

 5 果実の集荷、貯蔵又は販売の共同化その他果実の流通の合理化に関する
 事項

 (1) 販路の確保

多様なニーズに応じる「マーケット・イン型農業」に取り組み、販路の確保に努める。また、食の情報発信を行うとともに、付加価値を提供することで、新たな販路やリピーターの確保に努める。

 (2) バリューチェーンの構築

樹上選別・個別選果の徹底や一括貯蔵管理による計画的出荷等により、共販体制の強化を図り、バリューチェーンの構築を推進する。

(3) 直売等

県内の各産地間での連携を図ることで、県全体での地産地消を積極的に促進する。また、観光もぎとり園やオーナー制果樹園の整備や輸出に取り組む産地の支援に努める。

6 果実加工の合理化に関する事項

(1) 加工原材料の安定確保

実需者ニーズのある一次加工品を製造し、周年供給を実践する生産者及び農業団体等に対して支援するほか、食品関係業者との長期契約により安定供給を図る。

(2) 実需者との連携による新需要の創出

高品質果実加工品の生産を推進するとともに、有効成分抽出等の研究開発の推進や、その成果を活用した消費者の健康志向や果実の機能性に着目した製品の開発・生産等を支援する。また、生産者が自ら、又は、食品関係業者と連携することにより、新たな商品を開発し、販売する6次産業化についても推進し、県内産果実の消費拡大を図る。

7 広域濃密団地形成に関する方針

本県の果樹農業においては、都市化が進む中、面的なまとまりを持つ果樹生産団地の維持は難しくなっているが、生産の維持増大、産地体制の強化を図るため、主力産地をエリア設定し、広域濃密生産団地として位置付ける。栽培面積が多く生産団地化されているうんしゅうみかん・その他かんきつ類2団地、うめ2団地、キウイフルーツ1団地の計5団地を設定し、総合的な生産流通対策を推進する。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。