女性の就農を応援します

掲載日:2018年10月26日

県内の農業従事者の約半数が女性であり、今後もかながわ農業の生産力を維持していくためには女性の就農・活躍が重要です。そこで、県では次の事業を通して将来就農を目指している女性をサポートしていきます。

★女性農業研修生受入支援事業

★女性就農バスツアー

★女性農業体験研修(別ウィンドウが開きます)

★農業を始めたい方の相談窓口別ウィンドウが開きます)

★女性農業者支援サイト「かながわなでしこfarmers」(別ウィンドウが開きます)

就農を目指す女性農業研修生の受入を応援します

★平成30年度事業(第2回)の募集を行います!

就農を目指す女性を研修生として受け入れ、農業技術を指導する農業者に対して、女性研修生1人当たり月2万円(上限)を支援します。

平成30年度事業(第2回)のご案内(PDF:384KB)

→事業詳細について(実施要領(PDF:147KB)様式(ワード:27KB)

事業対象者(研修先農家)

県内に居住し、県内で農業を営む、次のいずれかに該当する方とします。

(1)神奈川県農業経営士
(2)農業次世代人材投資事業準備型において研修先として認められた農業者及び農業法人
(3)農家研修生等指導農業者として登録されている方、又は申請までに登録できる方
→ 新たに農家研修生等指導農業者への登録をご希望の方

 ※該当するかわからない方はお問い合わせください。(電話045-210-4446) 

研修対象者

事業対象者が受け入れる研修対象者は、次の項目の全てに該当する方とします。

(1)研修開始時の年齢が50歳未満の女性とし、神奈川県内での就農に向けて強い意欲を有していること。
(2)研修対象者の親族(3親等以内の者)が事業対象者でないこと。
(3)研修対象者と事業対象者が、過去に雇用契約(短期間のパート、アルバイトは除く)を結んでいないこと。
(4)事業対象者から研修の謝金として労働報酬を受け取っていないこと。また、「農の雇用事業」の研修生でないこと。

事業対象要件

事業対象となる要件及び研修期間は、次のとおりです。

(1)連続する3か月以上の研修であること。
(2)事業対象期間(申請する研修期間)は、平成30年4月1日から平成31年2月28日まで
 であること(3月は対象外)。
(3)研修期間が複数年度に及ぶ場合は、研修開始から1年以内を事業対象期間とする。
(4)1か月における研修時間は80時間以上であること。

申請方法

申請期間:平成30年10月26日(金曜日)から平成30年11月30日(金曜日)まで

申請書類:申請書(様式第1号)(ワード:20KB)

→申請書記載例(PDF:165KB)

申請方法:郵送もしくは直接持参(締切必着)

提出先:〒231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通り1
    神奈川県環境農政局農政部農業振興課 普及グループ宛

※申請書について内容を確認した上、適当と認めるときは、予算の範囲内で事業対象者を
 決定いたします。

実績報告

報告期間:事業対象期間終了後、後日通知する報告期日まで

報告様式:実績報告書(様式第3号)(ワード:20KB)

→実績報告書記載例(PDF:193KB)

提出先: 事業申請と同じ

※複数の研修対象者を受け入れている場合は、実績報告書の添付資料は研修対象者ごとに
 提出してください。

支援金

支援金は事業対象期間を月割りで計算し、その額は研修生1人当たり月2万円(上限)とします。申請者が多数の場合は、別に定める算出方法により、予算の範囲内において額を決定いたします。

研修時間が80時間を満たさない月については、事業対象外とします。

支援金の取り消し

支援金の支払い通知を受けた事業対象者が、虚偽の申請をしたとき、研修受入先として相応しくない行為があった場合は、支援金の取り消し、返還を求めることがあります。

農家研修生等指導農業者登録制度について

神奈川県では、神奈川県で農業を行っている方で、次の項目のいずれかに該当する方について、農家研修生等指導業者としての登録をお願いしています。

(1)神奈川県農業経営士
(2)指導者として農家研修生等の受入れが可能で、県とともに神奈川農業の担い手育成に取り組む意志がある方
(3)農業高校生の農業体験の受入れなど県が実施する農業理解の促進活動に協力できる方
(4)その他農業経営の知識や技術を生かして、県が実施する農業振興施策に協力できる方

登録は随時受け付けますので、登録をご希望の方は事前にご相談ください。(電話045-210-4446)

→登録用紙(記載例付き)(ワード:28KB)

→制度詳細(登録要領)(PDF:114KB)

かながわ女性就農バスツアー

★平成30年度バスツアーの参加者を募集します!

女性で農業に興味のある方、将来農業を目指している方、農業についてわからないことが多く農家の話を聞きたい方向けの農家を巡る視察バスツアーです。

かながわ女性就農バスツアーのご案内(PDF:453KB)

日 程

日時:平成30年12月8日(土曜日)

時間:10時から16時15分頃まで

対象者

農業は未経験で知識や技術はないが、農業に関心がある女性

将来、神奈川県で就農することを検討している女性

視察先

農業者のほ場や施設を見学し、就農、栽培、農産加工のお話を伺います。

☀和泉さんの農場:農外から新たに農業を始めた生産者。露地野菜を中心に栽培しています。

☀モナの丘:にんにくやトマトなどの野菜やハーブ、果実を栽培している体験型農園施設。
      農園に隣接するレストランで昼食をいただきます。

☀小俣園芸:トマトを中心とした野菜の生産者。自家産トマトのソースやジャムなどの
      農産加工を行っています。畑に隣接する直売所を見学します。

☀(有)小川フェニックス:養鶏農家。自家産たまごを使ったプリンなどのスイーツの加工や
            販売も行っています。

※視察先や内容は変更する場合があります。

定 員

20名程度(応募多数の場合は抽選を行います。)

参加料

無料(集合・解散場所までの交通費は、参加者のご負担となります。)

なお、ツアー中に見学先のレストランで参加者実費負担で昼食をとりますのでご承知おきください。
(1,000円程度を予定) 

申込み方法

申込期間:平成30年10月15日(月曜日)から11月20日(火曜日)まで※必着
提出書類:参加申込書(様式1号)(ワード:19KB)
提出方法:郵送(締切必着)
提出先 :〒231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県環境農政局農政部農業振興課 普及グループ宛

参加者の決定

参加申込書の内容を確認のうえ、決定します。
なお、県内在住者を優先とし、定員を超えた場合は、抽選にて選考します。

集合・解散場所

集合場所:JR横浜線 橋本駅
解散場所:小田急電鉄 相模大野駅 ※詳細は参加決定通知でお伝えします。

関連使用

平成30年度かながわ女性就農バスツアー開催要領(PDF:212KB)

神奈川県女性農業体験研修

女性で将来就農を目指している方、農業に興味があり農作業を体験したい方、農家の話を聞き農業の実情を知りたい方への体験研修を実施します。

女性農業体験研修のご案内(別ウィンドウが開きます)
※平成30年度の募集は終了しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。