産地生産基盤パワーアップ事業(産地パワーアップ事業)

掲載日:2021年10月22日

産地生産基盤パワーアップ事業(産地パワーアップ事業)

 

事業の趣旨

本事業は、令和2年2月まで実施されていた「産地パワーアップ事業」の後継事業にあたり、地域の営農戦略として定めた「産地生産基盤パワーアップ計画」に基づいて実施する、産地の高収益化、生産・集出荷の効率化に向けた取組み等を総合的に支援するものです。

神奈川県産地生産基盤パワーアップ事業実施方針

産地生産基盤パワーアップ事業実施要領(令和2年2月28日付け元食産業第4536号、元生産第1697号、元政統第1781号)別記3の第3により事業実施方針を定めました。

交付対象事業の公表

産地パワーアップ事業実施要領の第19の1に基づき、実施した事業の概要を公表します。

交付対象事業の概要

年度

市町村

事業

実施主体名

メニュー及び取組内容

総事業費

(うち国費)

(うち県費)

(うち市町村)

(うちその他)

平成28年度 平塚市

有限会社

五領ヶ台ガーデン

(整備事業のうち育苗施設)

出芽施設、緑化温室の整備による野菜苗の生産拡大及び販売額の向上

46,990,800円

(21,755,000)

(0)

(0)

(25,235,800)

平成29年度 藤沢市 御所見野菜苗生産組合

(整備事業のうち生産技術高度化施設、用土等供給施設)

高度環境制御栽培施設、土壌機能増進資材製造施設、用土供給施設、低コスト耐候性ハウスの整備による野菜苗の生産量の増加及び販売額の向上

(生産支援事業のうち農業機械等のリース導入)

プレスサーバーのリース導入による生産量の増加及び販売額の向上

433,318,680円

(200,000,000)

(0)

(0)

(233,318,680)

平成30年度 厚木市 JAあつぎいちごICT研究会

(整備事業のうち生産技術高度化施設)

低コスト耐候性ハウスの整備によるいちご生産拡大及び販売額の向上

(生産支援事業のうち農業機械の導入及び生産資材の導入) 

 高設栽培システムの導入等によるいちごの生産拡大及び販売額の 向上

41,541,510円

 (19,229, 000)

(0)

(0)

(22,312,510) 

平成30年度 平塚市 株式会社MIYASHO

(整備事業のうち生産技術高度化施設)

低コスト耐候性ハウスの整備によるスプレー菊の  生産拡大及び販売額の向上

76,464,000円

(38,232,000)

(0) 

(0)

(38,232,000)

事業評価の公表

産地パワーアップ事業実施要領第16の8に基づき、事業の評価を公表します。

産地パワーアップ事業 評価報告 (PDF:100KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。