環境保全型農業直接支払交付金

掲載日:2018年6月14日

環境保全型農業直接支払交付金とは

 環境保全型農業直接支払交付金は、平成27年4月1日に施行された「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」に基づき、実施されています。
 化学肥料・化学合成農薬を原則5割以上低減した上で、地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動に取り組む農業者団体や、有機農業に取り組む農業者団体等に対し、取組面積に応じて助成することにより、環境保全型農業のより一層の推進を図ります。

支援の対象者

(1)農業者の組織する団体
(2)一定の条件を満たす農業者※
※詳細はパンフレット「環境保全型農業直接支払交付金」(PDF:1,056KB)をご参照ください。

 

支援の対象となる農業者の要件

次の2つの要件を満たす必要があります。
(1)主作物※1について販売することを目的に生産を行っていること
(2)国際水準GAP※2を実施していること

※1「主作物」とは、化学肥料・化学合成農薬の使用を神奈川県の慣行レベルから原則5割以上低減する取組又は有機農業の取組の対象作物のこと

※2「国際水準GAPを実施」とは、食品安全、環境保全、労働安全、人権保護、農場経営管理に関する農業生産工程管理の取組について、指導・研修等を受講し、その内容を実施することです。詳細はパンフレット「平成30年度から「国際水準GAPの実施」が交付要件になります(PDF:804KB)」をご参照ください。

 ★平成30年度から要件が変更となりました。
「エコファーマーの認定」等は要件ではなくなったのでご注意ください。

 

支援の対象となる取組及び支援の単価(次の(1)もしくは(2)の取組)

(1)化学肥料・化学合成農薬を地域の慣行から原則5割以上低減し、更に次の(ア)から(カ)のいずれかを組み合わせた取組

(ア)カバークロップ(緑肥)…8,000円/10a
主作物を栽培していない期間にオオムギ等を作付けして農地を覆い、土壌浸食等を防止する取組
(イ)堆肥の施用…4,400円/10a
C/N比10以上の堆肥を一定量施用する取組
(ウ)総合的病害虫・雑草管理[IPM]…8,000円/10a
(対象作物:施設野菜〈促成・半促成トマト、半促成キュウリ、イチゴ)
天敵や微生物農薬、防虫ネット及び土壌還元消毒等による防除を行う取組
IPM実践指標に沿った取組を8割以上行うことが要件になります。
IPM実践指標はコチラ→ トマト[PDFファイル/121KB]キュウリ[PDFファイル/121KB]イチゴ[PDFファイル/116KB]
(エ)リビングマルチ(対象作物:畑作物)…5,000円から8,000円/10a
主作物の畝間にムギ類や牧草類を作付けして農地を覆い、土壌浸食等を防止する取組
(オ)草生栽培(対象作物:果樹・茶)…5,000円/10a
主作物の樹園地にムギ類や牧草類を作付けして農地を覆い、土壌浸食等を防止する取組
※平成24年度から、本県では、ナシ・ブドウ(露地栽培、巨峰系4倍体品種)について、化学合成農薬3割低減の特例取扱いが適用されます。(化学肥料は5割低減)
(カ)冬期湛水管理(対象作物:水稲))…4,000円から8,000円/10a
冬期間の水田に水を張る取組

(2)有機農業の取組

化学肥料、化学合成農薬を使用しない取組…8,000円/10a
少量多品目栽培に役立つ耳より情報!「少量多品目栽培日誌ソフトウェア」(生産記録(参考様式8号)を作成できます。)

慣行レベルが設定されていない作物のうち、有機取組の支援対象となるかどうかの判定結果[PDFファイル/5KB](通常の営農管理において、化学肥料及び化学合成農薬が使用される作物であると認定した場合に支援対象となります。)

交付負担割合

負担割合:県4分の1、国2分の1、市町村4分の1
※本制度は、本制度は予算の範囲内で交付金を交付する仕組みです。申請額の全国合計が予算額を上回った場合、交付額が減額されることがあります。
 詳細は、農林水産省のホームページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。