神奈川県犯罪のない安全・安心まちづくり顕彰制度

掲載日:2020年2月3日

顕彰の目的

 平成17年4月に施行した「神奈川県犯罪のない安全・安心まちづくり推進条例」第12条の規定に基づき、県では、安全・安心まちづくりの推進に特に功績があったと認められるもの又は優良な事例を行ったものに対する顕彰を行うとともに、その活動内容、ノウハウなどを広く県民等に提供することにより、自主防犯活動のさらなる活性化、県民総ぐるみの取組みへの気運の醸成を図ることを目的とした制度です。

顕彰対象活動

 表彰の対象となる活動は、県民、事業者及びこれらの者の組織する民間の団体による犯罪の防止のための自主的活動、犯罪の防止に配慮した生活環境の整備その他犯罪の発生する機会を減らすための取組みです。

表彰の種類と選考基準

犯罪のない安全・安心まちづくり功労者表彰

 対象は、犯罪のない安全・安心まちづくりの活動に長年にわたり取り組み、功績が特に顕著な個人又は団体です。通算して15年以上活動に従事し、現在も引き続き活動している個人又は団体のなかから、活動の創意工夫、困難性などを総合的に判断して選考しています。

犯罪のない安全・安心まちづくり奨励賞

 対象は、他のモデル・模範となる実践的な活動を行っている個人又は団体です。

 活動を継続的に行っており、その活動内容を奨励することで、波及効果が期待できる個人又は団体のなかから、活動の先進性、発展性、実践性などを総合的に判断して選考しています。

受賞者および受賞団体

被表彰者の資格

 神奈川県内において活動している個人又は団体です。

被表彰者の推薦者

 市町村長、関係行政機関の長、県関係局長

選考及び被表彰者の決定

 推薦された表彰候補者のなかから、審査会の選考結果に基づき、知事が決定します。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。