平成28年度年末年始安全・安心キャンペーンを開催しました

掲載日:2018年3月9日

年末年始安全・安心キャンペーン

 慌ただしい年末年始に、県民の皆様が犯罪被害や交通事故に遭うことなく、明るい新年を迎えられるよう、12月22日、新都市プラザにおいて県警察と共催で「年末年始安全・安心キャンペーン」を開催しました。キャンペーンでは、自主活動防犯団体などの協力のもと、ミュージカルステージや防犯ブース展示などを行い、最後に年末年始特別警戒実施中の県副知事、県警察本部長、戸部警察署一日警察署長武田玲奈さんが会場に立ち寄り、多くの皆様に年末年始を安全で安心して過ごしていただくよう呼びかけました。

会場周辺での呼びかけ

 自主防犯活動団体の皆様のご協力をいただき、会場周辺でチラシなどを配り、ご通行中の方に、事件・事故に気をつけていただくよう呼びかけました

呼びかけの様子

フェリス女学院大学 学生ボランティアによる司会進行

フェリス女学院大学の学生ボランティアに、キャンペーンの進行をお願いしました。

司会の様子

Fujikawa Musical StudioチームFによるミュージカルステージ

 武蔵小杉にあるFujikawa Musical StudioチームFの皆さんによるミュージカルステージを行いました。

 劇団四季の出身でFujikawa Musical Studio主宰の藤川和彦さんが作詞、演出した振り込め詐欺被害を題材とした曲「離れていても」をはじめ、みなさんおなじみのミュージカルナンバーを披露していただきました。

ミュージカルステージの様子1 ミュージカルステージの様子2

県警察音楽隊によるミニコンサート

 県警察音楽隊の生演奏に、多くの方々が足を止め聞き入っていました。

ミニコンサートの様子

一日警察署長イベント

 一日警察署長は、テレビドラマ「ラストコップ」に神奈川県警察の女性警察官役で出演されていた武田玲奈さんです。

 武田さんの協力により、県警察が作成した振り込め詐欺被害防止ポスターを披露し、「私たち孫世代がおじいちゃん、おばあちゃんを振り込め詐欺の被害から守りましょう。」と呼びかけました。

一日署長武田玲奈さん

ポスター披露

年末年始を安全で安心に!

 これからも県民総ぐるみで安全・安心まちづくりに取り組んでいきます。

集合写真