平成26年度夏休み安全・安心キャンペーンを開催しました

掲載日:2019年8月30日

夏休み安全・安心キャンペーン

 7月28日、横浜駅東口新都市プラザにおいて、県警察、横浜市と協力し、「夏休み安全・安心キャンペーン」を開催しました。
 このキャンペーンは、県内で多発する振り込め詐欺被害を防止するとともに、子どもたちが犯罪等の被害に遭うことなく、夏休みをすごせるよう、子どもとその保護者に注意喚起するもので、当日は約3300人の方々で賑わいました。

街頭キャンペーン

 神奈川県立上鶴間高等学校、神奈川県質屋防犯協力会、防犯活動サポーターの協力のもと、振り込め詐欺やひったくりなどの被害に遭わないよう、約2000人の方に注意喚起しました

一日警察署長委嘱式

 戸部警察署の一日署長の委嘱を受けた、横浜見聞伝スター☆ジャンのヒロイン「松林早紀」一日署長からは、子どもや高齢者が犯罪の被害や交通事故に遭わないよう、キャンペーンをとおして、注意喚起していくと抱負が述べられました。

夏休み安全・安心宣言

 横浜市立岡野中学校「ちょいボラ隊」の代表坂口綾芽さんが、友達、家族、そして地域で、犯罪や交通事故に気を付け、夏休みを安全で安心してすごしていくことを宣言しました。

ミニコンサート

 県警音楽隊が演奏をしながら、パネルを使い、会場に集まった、たくさんの人に振り込め詐欺の手口等を紹介しました。

防犯寸劇

 神奈川県立上鶴間高等学校生徒有志が、振り込め詐欺の手口を寸劇で分かりやすく説明し、被害に遭わないよう注意喚起しました。

和太鼓演奏

 夏休み安全・安心宣言をした、横浜市立岡野中学校「ちょいボラ隊」が、元気に楽しく安全に夏休みを過ごしていくことができるよう願いを込め、和太鼓を力強く演奏しました。

防犯ヒーローショー

 横浜見聞伝スター☆ジャンとタイガジャン、そして、県警察最強防犯タッグ振り込まセンジャーとトラセンジャーと一緒にたくさんの子どもたちが、防犯クイズやダンスで楽しみながら、防犯について学びました。

オレオレ詐欺レター作成

 おじいちゃんやおばあちゃんが振り込め詐欺など犯罪の被害に遭わないよう、心を込めた手紙を作りました。

防犯カメラ等機器展示

 NPO法人神奈川県防犯セキュリティ協会が会場内のブースで、防犯カメラの効果や設置方法などの説明を行いました。

白バイ乗車体験

 交通違反の取締りやパトロールで活躍している、白バイの乗車体験をしました。

出演者等による記念撮影