し尿等の対策(丹沢大山保全計画の実施状況・2005年12月時点)

掲載日:2020年4月1日

し尿等の対策

し尿による環境悪化を防止するため、1998年度から2005年度までに、黍殻避難小屋、塔ノ岳山頂など7箇所に山岳公衆便所を整備した。

 また、2004年度からは、山岳トイレ技術実証試験として第三者による処理性能や環境保全効果についての検証を行っている。

 

写真:檜洞丸に設置された山岳公衆便所
山岳公衆便所

 

図:し尿等の対策を行った箇所
し尿等の対策を行った箇所

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa