希少動植物の保全対策の研究・実施(丹沢大山保全計画の実施状況・2005年12月時点)

掲載日:2020年4月1日

希少動植物の保全対策の研究・実施

 丹沢大山地域に生息・生育する希少動植物の保全を図るため、丹沢山などにおいて希少植物回復状況調査、レッドデータブックリスト種(植物)の分布・個体数調査及び着生植物と森林衰退との関係調査を実施した。

 この結果、植生保護柵内で希少植物15種を確認し、保護対策としての有効性が示唆された。

 

写真:ノビネチドリ
再発見された県内絶滅種のノビネチドリ

 

写真:クガイソウ
再発見された県内絶滅種のクガイソウ

 

図:希少動植物の保全対策の研究・実施を行った位置
希少動植物の保全対策の研究・実施を行った位置

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa