農林業被害等防止に係る個体数調整(丹沢大山保全計画の実施状況・2005年12月時点)

掲載日:2020年4月1日

農林業被害等防止に係る個体数調整

 シカによる農林業被害の軽減を図るため、1999年度から2005年度までに秦野市など8市町村において、市町村または農協が主体となって1574頭の管理捕獲を実施している。

 また、2002年度から2004年度に清川村等において延長80527メートルの広域獣害防止柵を設置した。

 

写真:管理捕獲の実施の様子
管理捕獲(有害駆除)

 

写真:集落と山を分けるように設置された広域獣害防止柵
広域獣害防止柵

 

図:広域獣害防止柵を設置した位置
広域獣害防止柵を設置した位置

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa