人工林成林困難地の自然植生への誘導(丹沢大山保全計画の実施状況・2005年12月時点)

掲載日:2020年4月1日

人工林成林困難地の自然植生への誘導

 丹沢大山一円で水源の森林づくり事業による無立木地への広葉樹植栽、治山事業による保安林機能維持増進のための森林整備、県有林事業における人工林内の崩壊地補修等を通じ、多彩な森林づくり目指した自然植生の誘導を図っている。

 

写真:現地採取の間伐材を使った丸太筋工
現地採取の間伐材を使った丸太筋工

 

写真:植生保護柵と樹幹保護ネット
植生保護柵と樹幹保護ネット

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa