森林衰退域における植生の回復(丹沢大山保全計画の実施状況・2005年12月時点)

掲載日:2020年4月1日

森林衰退域における植生の回復

 森林の衰退域における植生の回復を図るため、「丹沢の緑を育む集い事業」の一環としてボランティアによる植樹等を実施している。

 1998年度から2005年度までに、大倉尾根花立で植栽4186本、侵食防止マットの設置148平方メートル及びモニタリングを実施した。

 また、2004年度からは、NPO団体との共催により表尾根三ノ塔周辺で植樹を実施し、2005年度までに700本植栽している。

 

写真:苗木を担いで登るボランティアの皆さん
ボランティアによる植樹

 

写真:花立で植樹しているボランティアの皆さん
ボランティアによる植樹

 

図:森林衰退域における植生の回復を図った位置
森林衰退域における植生の回復を図った位置

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa