モミ・ウラジロモミ等の保護(丹沢大山保全計画の実施状況・2005年12月時点)

掲載日:2020年4月1日

モミ・ウラジロモミ等の保護

 県民参加による森林の保全を図るため、「丹沢の緑を育む集い事業」の一環としてボランティアによりシカの採食からモミ・ウラジロモミ等の樹皮を守るための防護ネット設置を実施している。

 1998年度から2005年度にかけて、堂平及び天王寺尾根において、先行的実施も含め1017本にネットを設置し、2004年度にはモニタリングとネットの付け替えも実施した。

 

写真:樹幹を保護するネットを設置するボランティアの皆さん
防護ネットの設置

 

写真:シカに樹皮を食べられたために枯れてしまったウラジロモミの幹
樹皮食いされたウラジロモミ

 

図:モミ、ウラジロモミの保護活動を行った位置
モミ・ウラジロモミの保護活動を行った位置

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa