丹沢大山総合調査の概要

掲載日:2020年4月1日

目的

 ブナの立ち枯れの進行や下層植生の衰退、水質の低下等丹沢大山の自然環境問題を解決するため、動植物等の調査だけでなく、森林や河川・渓流、大気等の自然環境全体を視野に入れた調査を行い、総合診断を行って、丹沢大山の保全・再生ビジョンを明らかにする。

内容

「生きもの再生調査」

希少種や動植物の生息環境調査等を行い、絶滅危惧種の回復をめざす。

「水と土再生調査」

水・土・大気の循環メカニズムを解析し、流域単位の健全な森林・渓流の保全をめざす。

「地域再生調査」

自然や産業・文化等の地域資源を調査・分析し、地域住民・NPO・企業等との共働による地域資源を活かした循環型社会づくりをめざす。

「情報整備調査」

各調査結果をデータベース化し、調査の解析に役立てるとともに、県民の利用可能なシステムの構築をめざす。

スケジュール

図:調査スケジュールのフロー図

調査の特徴

多様な主体が参加し、県民に開かれた調査を行うため、実行委員会及び調査団を設置する。

図:実行員会および調査団の体制図