神奈川県管理河川における水上バイクの航行ルールに関するガイドラインの策定について

掲載日:2018年7月19日

ガイドライン策定の背景及び目的

 近年、河川は、カヌーや水上バイク等によるレクリエーションなど、多様な目的で利活用されるようになっています。河川は、海とは異なって水面が狭いため、利用者が互いにマナーを守り共存する必要がありますが、一部の水上バイクによる暴走などの迷惑行為が社会問題化しており、水上バイクのマナー向上への取組みが求められています。

 県内では、水上バイクの迷惑行為に対処する取組みとして、水上バイクの暴走行為が問題となった大岡川(横浜市)等の一部の河川で、河川の利用者、行政機関その他の関係団体等により、航行ルールが策定されてきましたが、今後、他の河川にこのような迷惑行為が広がっていくことも懸念されています。

 本ガイドラインは、航行ルールのない神奈川県管理河川において、行政機関、関係団体等が連携して、河川の実情に応じた航行ルールを検討する際の指針として活用していただくなど、県内河川における水上バイクの航行マナー向上を目的として策定しました。

 なお、本ガイドラインは、今後寄せられた意見や水上バイクの航行ルールの策定状況などに応じ適宜、内容の見直しを行います。

ガイドライン(平成30年7月)

神奈川県管理河川における水上バイクの航行ルールに関するガイドライン(PDF:322KB)

【別紙1】 大岡川安全航行ガイドに於ける水上バイクの検証実験報告(PDF:1,466KB)

【別紙2】 大岡川安全航行ガイド(PDF:1,554KB)

【別紙3】 平塚 海・川・浜のルールブック(PDF:3,847KB)

航行マナー啓発リーフレット(基本的な航行ルール等の抜粋版)

水上バイクの航行ルールについて(PDF:526KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。