大岡川水系における想定し得る最大規模の降雨による洪水浸水想定区域の指定・公表について

掲載日:2018年3月30日
2018年03月30日
記者発表資料
(県政記者クラブ、神奈川建設記者会同時発表)

近年、これまでの想定を上回る豪雨が発生していることなどから、避難体制等の充実・強化を図るため、平成27年5月に水防法が改正されました。
この改正により、「洪水浸水想定区域」の対象とする降雨が、「河川整備の目標とする降雨」から「想定し得る最大規模の降雨」に高められたことなどから、県では、「洪水浸水想定区域」の見直しを進めています。
このたび、大岡川水系の河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域、予想される水深及び浸水継続時間を示した「洪水浸水想定区域」を水防法第14条第1項及び同条第3項の規定に基づき指定・公表し、関係市町へ通知します。
また、一定の条件下において家屋の倒壊・流出をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域として、「家屋倒壊等氾濫想定区域」を公表します。

1 公表資料等

  • 洪水浸水想定区域図

 ・ 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
 ・ 浸水継続時間(想定最大規模)
 ・ 洪水浸水想定区域(計画規模)
 ・ 家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流)
 ・ 家屋倒壊等氾濫想定区域(河岸侵食)

 

  • 上記の公表資料は、河川課、横浜川崎治水事務所、県政情報センターのほか、河川課ホームページでも閲覧できます。

2 洪水浸水想定区域(想定最大規模)に含まれる自治体の数等

【資料】(PDF:23KB)

問合せ先

県土整備局河川下水道部河川課

課長 鶴木 
電話 045-210-6470

調査グループ 伊藤(肇)
電話 045-210-6479

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。