神奈川県プレジャーボート対策要綱の概要

掲載日:2020年6月2日

 

   
(1)広報啓発活動 プレジャーボートの適正な利用を図るため、広報、啓発等を行い、プレジャーボートの利用・保管等に関する社会的なコンセンサスの形成を図ります。
(2)受け皿の整備 プレジャーボートの保管場所について、民間事業者等と協力して、係留保管施設の整備に努めます。
(3)重点的撤去区域の指定

係留保管施設の整備状況や、河川管理上の支障の程度などを勘案し、重点的にプレジャーボートを撤去する必要があると認められる区域を指定し、計画的に不法係留船の撤去に努めていきます。(撤去に要した費用は船舶の所有者に請求します。)

(4)協議会の設置 

具体的な対策を検討するため、学識経験を有する者、関係行政機関の職員、県の職員等による不法係留船対策協議会を設置します。

 

参考資料

神奈川県プレジャーボート対策要綱[PDFファイル/113KB]

神奈川県プレジャーボート対策要綱施行細則[PDFファイル/72KB]

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。