平成29年度水防講習会開催概要

掲載日:2018年2月15日

平成30年2月7日に、平成29年度水防講習会を開催しました。

午前は、神奈川県内広域水道企業団相模原浄水場にて、横浜地方気象台による講義「防災気象情報の利活用について」と、神奈川県県土整備局河川下水道部河川課による説明「水防工法等について」を行い、午後は、相模原市防災消防訓練場にて、相模原市消防局の協力により、水防工法の実技講習を行いました。

出席者

横浜市、相模原市、鎌倉市、茅ケ崎市、秦野市、厚木市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大磯町、山北町(12市町 32名)

県土木事務所等(5名)

計 37名

講義

1.「防災気象情報の利活用について」

(講師:横浜地方気象台職員)

気象台が発表する防災気象情報(注意報・警報、特別警報、指定河川洪水予報、土砂災害情報等)について説明。

h29_1

2.「水防工法について」

(説明:神奈川県県土整備局河川下水道部河川課職員)

重要水防区域、河川の基準水位、水防工法について説明

 

水防工法実技演習

(指導:相模原市消防局職員)

相模原市消防局の指導により、水防工法の中で比較的よく使われる「土のう拵え」、「積土のう工」、「ロープの結び方」、「シート張り工法」について、実技講習を行いました。

土のう拵え

h29_donou_1h29_donou_2

積土のう工

h29_tsumi_1h29_tsumi_2

ロープの結び方

h29_rope_1h29_rope_2

シート張り工

h29_sheet_1h29_sheet_2

h29_sheet_3