県央環境展2018-母なる川、相模川の水を知ろう!-に参加しました

掲載日:2019年4月19日

 平成30年11月3日(土曜日)、4日(日曜日)の両日に、神奈川工科大学(厚木市下荻野1030)で神奈川工科大学学園祭「第43回幾徳祭」が行われました。

 この学園祭の期間中、大学の一室を使用し、県央地域県政総合センター環境部が主催する「県央環境展2018-母なる川、相模川の水を知ろう!-」が開催されました。

 この環境展では、「神奈川の環境に関する謎解きゲーム」や「VR360度映像の体験」、「簡易水質検査の体験」、「水環境に関するパネル展示」などが行われ、訪れた600人を超える方々にアンケートに答えていただきました。

 厚木水道営業所でも、神奈川県営水道の重要な水道水源である相模川のことをもっと知っていただき、県営水道事業に対してさらに理解していただくため、この環境展に参加しました。

 県営水道の広報部長であるカッピーも参加し、相模川水系を水源として製造したペットボトル水「神奈川のおいしい水 森のハーモニー」やカッピーのマスコット人形の配布、県営水道に関するパネルの展示など県営水道事業をPRしました。

 なお、保存用のペットボトル、水缶はいずれもご購入できます。ご注文は、神奈川県営水道お客さまコールセンター(0570-005959)まで。

環境展

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa