国道134号における一部区間の通行規制について

掲載日:2019年10月15日

通行規制の概要

 国道134号鎌倉市稲村ガ崎三丁目の一部区間については、8月13日に高波により道路擁壁が破損し、歩道が沈下したことから、歩道と車道の間に鋼矢板を設置する復旧工事を9月30日から実施していたところですが、工事区間内において、10月12日の台風19号の高波により、応急措置を行っていた一部の箇所が破損したため、現在、車道の約60mの区間について、終日、片側交互通行を実施しています。

 通行規制については、道路の安全が確保できるまで行います。

 今後、早期の復旧に向け、必要な工事を実施してまいります。

 

 なお、海側歩道については、引き続き約250mの区間で通行止めとなります。

 

 近隣並びに道路を利用される皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

通行規制内容

車道(片側交互通行)

稲村ヶ崎バス停西側~音無橋付近 約60m

海側歩道(通行止め)

稲村ヶ崎バス停西側~姥ヶ谷バス停付近 約250m

 

 詳細は、「国道134号における一部区間の通行規制について(PDF:294KB)」をご参照ください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。