平成31年4月7日執行神奈川県議会議員選挙横浜市瀬谷区選挙区における選挙の効力に関する異議申出に対する決定について

掲載日:2019年6月4日
2019年06月04日
記者発表資料

平成31年4月7日執行神奈川県議会議員選挙横浜市瀬谷区選挙区における選挙の効力に関する異議申出が4月22日付でなされましたが、神奈川県選挙管理委員会として棄却の決定をし、6月4日付神奈川県公報に告示しました。

異議申出の概要

  1. 異議申出の趣旨
    神奈川県議会議員選挙横浜市瀬谷区選挙区の選挙について、無効とする決定を求める。

  2. 異議申出の理由
    当選者の選挙運動用通常葉書に虚偽記載があった。

異議申出決定の概要

公職選挙法第205条第1項により、選挙の規定に違反しその結果に異動を及ぼすおそれのある場合に限り、選挙を無効とする決定をしなければなりません。
「選挙の規定に違反する」とは、主として選挙管理委員会のような選挙を管理する機関が選挙の規定を明文上違反する若しくは選挙の自由公正の原則を著しく阻害することを指し、「結果に異動を及ぼすおそれ」とは、その違反がなかったら候補者の当落に現実に生じたところと異なった結果を生む可能性を指すと解されています。
また、仮に候補者が違反した場合でも、選挙人全般がその自由な判断による投票を妨げられたような特段の事情がある場合は、選挙を無効とする余地もあると解されています。
今回の事例は、いずれにも当てはまらない、又はその理由がないため、棄却の決定をしました。

問合せ先

選挙管理委員会

佐々木、永井
電話045-210-3179