平成31年4月7日執行神奈川県知事選挙、神奈川県議会議員選挙における当選の効力に関する異議申出に対する決定について

掲載日:2019年6月21日
2019年06月21日
記者発表資料

平成31年4月7日執行神奈川県知事選挙、神奈川県議会議員選挙における当選の効力に関する異議申出2件に対し、神奈川県選挙管理委員会として棄却若しくは却下の決定をし、6月21日付神奈川県公報に告示しました。

1件目

1.異議申出人

神奈川県議会議員選挙横浜市港北区選挙区の選挙人1名

2.異議申出の趣旨

神奈川県議会議員選挙横浜市鶴見区、同南区、同港南区、同港北区、同緑区、同青葉区、同都筑区、同戸塚区、同泉区、川崎市多摩区、相模原市緑区、相模原市南区及び藤沢市各選挙区の当選人について、無効とする決定を求める。

3.異議申出の理由

開票作業を機械で行っているため、得票の集計過程に不正が介在しているなど。

4.異議申出決定の概要

  • 異議の申出は選挙人の所属する選挙区に限られることから、異議申出人が所属する横浜市港北区選挙区以外の申出は却下の決定をしました。
  • 異議申出人が主張するような機械による集計作業は横浜市港北区選挙区では行っていないことから、その申出に理由がないため、棄却の決定をしました。

2件目

1.異議申出人

神奈川県知事選挙及び神奈川県議会議員選挙横浜市港北区選挙区の選挙人1名、神奈川県外4名

2.異議申出の趣旨

神奈川県知事選挙及び神奈川県議会議員選挙横浜市鶴見区、同南区、同港南区、同港北区、同緑区、同青葉区、同都筑区、同戸塚区、同泉区、川崎市多摩区、相模原市緑区、相模原市南区及び藤沢市各選挙区の当選人について、無効とする決定を求める。

3.異議申出の理由

  • 本件選挙の結果は神奈川県内にとどまらず、県外にも影響を及ぼすため、選挙人以外にも異議申出人の適格を認めるべきである。
  • 期日前投票箱内の投票用紙がすり替えられたおそれがある。
  • 開票集計システムの集計結果に疑義がある。

4.異議決定の概要

  • 異議の申出は選挙人の所属する選挙区に限られることから、県外の異議申出人の異議申出と、県内の異議申出人が所属する横浜市港北区選挙区と県知事選挙以外の申出は却下の決定をしました。
  • 異議申出人は投票用紙のすり替えについて具体的な事実に基づかず主張がなされているため、憶測による主張であると言うほかありませんので、棄却の決定をしました。
  • 横浜市港北区においては開票集計システムを使用しておりません。また、県内には使用している市区町村もありますが、システムで集計した数字と実際の票数を確認しながら集計しています。よって憶測による理由のない主張であることから、棄却の決定をしました。

その他

6月21日付けの告示により、神奈川県選挙管理委員会に提出された平成31年4月7日執行神奈川県知事選挙若しくは神奈川県議会議員選挙に関する異議の申出については、6月4日に告示したものとあわせて3件全て棄却若しくは却下の決定をしました。

問合せ先

神奈川県選挙管理委員会

佐々木、永井
電話045-210-3179