選挙Q&A 選挙運動について【18歳未満編】7

掲載日:2018年3月2日

Q7

投票日翌日までに18歳の誕生日が来れば、投票日に投票ができます。また、当日は用事があって投票にいけない場合は、期日前投票ではなく不在者投票ができます。

期日前投票は「投票した時点」で確定投票として扱われますが、不在者投票は投票日(選挙期日)に投票の受理・不受理が判断されます。そこで、投票日(選挙期日)には満18歳になり選挙権を有することが見込まれるものの、投票日前の投票を行おうとする日にはまだ17歳で、選挙権を有していない方などは、期日前投票を行うことはできず、不在者投票をしていただくことになります。

【関連Q&A】

いつまでに18歳であれば投票できる?

投票日に用事があって行けない時は?

選挙運動のできる・できないは、こちらのページを参考にしてください。

トップへ戻るひとつ前へ戻る

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa