神奈川県議会議員の定数、選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の改正について

掲載日:2018年4月11日

神奈川県議会議員の定数、選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例が改正されました

神奈川県議会議員の定数、選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例が改正され、平成31年3月1日以後初めてその期日を告示される一般選挙から施行されます。

主な変更点は以下のとおりです。

1 選挙区ごとの定数

横浜市港南区 3人 ⇒ 2人

川崎市川崎区 2人 ⇒ 3人

川崎市高津区 2人 ⇒ 3人

南足柄市 1人、足柄上 1人 ⇒ 合区し、1人

※1 その他の選挙区の定数に変更はありません。

※2 総定数(105人)に変更はありません。

2 選挙区の名称 

南足柄市、足柄上 ⇒ 合区し、「南足柄市・足柄上」

※3 その他の選挙区の名称は変更ありません。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる