海水浴場の水質検査(平成30年度第1回)及び放射能濃度測定の結果について

掲載日:2018年6月5日
2018年06月05日
記者発表資料

 海水浴シーズン前に県、横浜市、横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市及び小田原市が県内の平成30年度開設予定の25海水浴場の水質検査を実施したところ、環境省の定める水浴場水質判定基準で「適」又は「可」と判定されました。
 併せて、腸管出血性大腸菌O157の有無を検査したところ、全ての海水浴場において検出されませんでした。
 また、放射能濃度を測定したところ、全ての海水浴場において放射性物質(セシウム-134、セシウム-137)は検出されませんでした。

1 調査方法等

 資料1のとおり

2 結果

(1)水質検査

水質判定 不適 合計 検査実施月日
水質AA 水質A 水質B 水質C
海水浴場数 6 18 1 0 0 25  5月7日から15日のうち2日間

 腸管出血性大腸菌O157は全ての海水浴場で不検出でした。

 各海水浴場水質検査結果と過去5年間の水質判定結果別海水浴場の数及び平成29年度第1回海水浴場水質検査結果との比較は、資料2のとおりです。

(2)放射能濃度測定

 全ての海水浴場で、セシウム-134、セシウム-137の放射能濃度は、検出下限値である1ベクレル/キログラム未満でした。

 各海水浴場の放射能濃度測定結果は資料3のとおりです。 

資料1 調査方法等(PDF:64KB)

資料2 

平成30年度海水浴場水質検査結果・過去5年間の水質判定結果別海水浴場の数(PDF:39KB)

平成29年度第1回海水浴場水質検査結果との比較(PDF:38KB)

資料3 海水浴場の放射能濃度測定結果(PDF:53KB)

参考資料 

平成30年度海水浴場開設期間(予定)(PDF:34KB)

平成30年度第1回海水浴場水質調査結果(地図)(PDF:153KB)

 

海水浴場利用者の皆さんへ

海水浴場における喫煙ルールにご協力をお願いします!

 神奈川県内の海水浴場では、神奈川県海水浴場等に関する条例により、喫煙場所以外での喫煙は禁止されています。

 ・混雑した砂浜での喫煙や歩きたばこは危険です。

 ・吸い殻のポイ捨ては砂浜の美観を損なう原因となることがあります。

 ・たばこの煙は周囲の人の迷惑になるとともに、健康への影響につながるおそれがあります。

 吸う人も、吸わない人も気持ちよく、安全できれい、快適に過ごせるビーチの実現のために、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

ルールのポイント

 ○海水浴場の開設期間は、開場時間中、喫煙場所以外では喫煙できません。

 ○海の家などの建物には適用されません。

 (神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例が適用される場合があります。)

問合せ先

神奈川県健康医療局生活衛生部生活衛生課

課長 加藤 電話045-210-4930

環境衛生・海水浴場たばこ対策グループ 川口 電話045-210-5811

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。