飼い犬へのマイクロチップ装着費用を補助します!

掲載日:2018年7月9日
2018年07月09日
記者発表資料

県では、「ペットのいのちも輝く神奈川」の実現を目指し、動物愛護管理の施策を進めています。このたび、その取組みの一環として、迷子になって動物保護センター等に保護された犬が飼い主の元に帰ることができるよう、マイクロチップの装着を促進するため、装着費用の補助を開始しますのでお知らせします。

1 対象

神奈川県民(横浜市、川崎市、相模原市及び横須賀市の住民を除く)が飼育している生後6か月齢以上の犬※
※上記4市を除く神奈川県内で飼育されている犬に限ります。

2 補助額 2,500円(上限)

※装着費用の額が2,500円を下回る場合はその額となります。

3 頭数 1,200頭

4 飼い主が補助を受ける流れ

(1)本事業の協力動物病院(県のホームぺージ*で公表)に犬を連れていく。

*URL http://www.pref.kanagawa.jp/docs/e8z/ks01/microchiphojyo.html

(2)飼育地を確認するため、獣医師に直近の狂犬病予防注射済票を提示し、県の補助制度を利用してマイクロチップの装着を希望する旨を伝える。

(3)補助額分を減額された費用を支払う。

(4)補助を受けた旨を記載した書類※に署名し、動物病院に提出する。

※書類は動物病院にあります。
★ マイクロチップ装着後は、飼い主情報(飼い主の名前、連絡先、犬の種類、名前、性別など)をAIPO(動物ID普及推進会議)のデータベースシステムに登録することが必要です。

5 開始日

平成30年7月10日(火曜日)

検索窓

 

問合せ先

健康医療局生活衛生部生活衛生課

動物愛護担当課長 松谷 電話 045-210-4932

動物愛護グループ 大島 電話 045-210-4947