犬を飼ったら

掲載日:2019年8月13日

問い合わせ先

 犬を飼ったら、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に登録することと、毎年1回の狂犬病予防注射が必要です。
 また、市町村長から発行される鑑札と注射済票を犬に着けておかなければなりません。
 いずれも住所地の市役所、町村役場、福祉保健センター・保健福祉センター・保健所で取り扱っています。

 犬は、県、横浜市、川崎市及び相模原市条例で放し飼いをしてはならないなどの規制があります。

 もし、犬が人をかんだ場合は、必ず県保健福祉事務所(各センターを含む)、福祉保健センター・保健福祉センター・保健所に届け出て指示に従ってください。

 


根拠

  • 狂犬病予防法
  • 神奈川県動物の愛護及び管理に関する条例
  • 横浜市動物の愛護及び管理に関する条例
  • 川崎市動物の愛護及び管理に関する条例
  • 相模原市動物の愛護及び管理に関する条例

関連情報

本文ここで終了