【平成28年度】食品中の放射性物質検査結果(県外で生産された食肉)

掲載日:2018年3月25日

県外で生産された食肉の放射性物質検査結果について

神奈川県外から神奈川食肉センターに出荷された牛又は豚について検査を行いました。

平成28年度は平成29年2月15日までに下記の8検体の放射性物質の検査を実施しました。

食品衛生法上の基準値を超えた検体はありませんでした。

採取日 種類 産地 ※ 放射性セシウム[Bq/kg] 検査機関
セシウム134 セシウム137 合計
2月15日新規 豚肉 群馬県桐生市 25未満 * 県食肉衛生検査所
1月23日 牛肉 静岡県富士宮市 25未満 * 県食肉衛生検査所
12月7日 豚肉 千葉県旭市 25未満 * 県食肉衛生検査所
10月20日 豚肉 岩手県奥州市 25未満 * 県食肉衛生検査所
8月18日 豚肉 栃木県那須塩原市 25未満 * 県食肉衛生検査所
7月11日 牛肉 北海道虻田郡豊浦町 25未満 * 県食肉衛生検査所
6月21日 豚肉 宮城県登米市 25未満 * 県食肉衛生検査所
4月26日 豚肉 群馬県渋川市 25未満 * 県食肉衛生検査所
食品衛生法上の基準値 100  

厚生労働省が示した「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に基づき検査を実施しました。検査に使用した機器の種類は、次のとおりです。 
食肉衛生検査所:NaI(Tl)シンチレーション検出器(ベクレルモニターLB200)

表中の「(数値)未満」は、放射性物質濃度が当該数値で表される測定下限値(検知が可能な最低濃度)に満たないことです。


このページのトップに戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019