神奈川県におけるBSE(牛海綿状脳症)の発生に伴う対策

掲載日:2018年3月27日

神奈川県食の安全・安心推進会議

平成16年2月22日に開催した「神奈川県食の安全・安心推進会議」において、今後の対策を次のとおり実施することとしました。

家畜の生産から出荷までの対策

(1)BSEの発生防止対策

神奈川県牛海綿状脳症防疫対策本部及び家畜保健衛生所現地対策本部を中心とした防疫対策の実施

(2)関係団体等の連携

市町村等の各対策本部等との連携の強化

(3)生産者に対する相談

家畜保健衛生所、農業改良普及センター、農政事務所等の相談窓口における情報提供の継続

(4)当該農場等への支援対策

疑似患畜発生農家等経済的被害を受ける畜産経営への支援

生産と販売での対策

(1)食肉衛生検査の推進

食肉衛生検査所におけるBSE全頭検査の継続

(2)中小企業に対する相談

中小企業経営相談窓口等における相談の継続

牛肉等の消費における対策

(1)消費者に対する相談

保健福祉事務所、消費生活相談窓口等における情報提供の継続

(2)リーフレット、ホームページ等による情報提供

リーフレット、ホームページ等による迅速で正確な情報提供の実施

(3)学校給食等での対策

市町村教育委員会学校給食主管課長会議等における食肉が安全である旨の理解の促進



このページの先頭へもどる

かながわの食の安全・安心へもどる

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa