平成28年度第9回かながわ食の安全・安心基礎講座

掲載日:2018年3月27日

テーマ:「食品工場の食の安全・安心の取組みについて」 

日時:平成29年2月21日(火曜日) 10時30分から12時及び14時30分から16時

場所:株式会社鎌倉ハム富岡商会本社工場

内容:講義、施設見学

講義(1)

「食品衛生監視員のしごと-食の安全確保に向けての取組み-」

神奈川県保健福祉局生活衛生部生活衛生課 茅ヶ崎駐在事務所 主査 芝 顕三

食品衛生法で定められた、食品衛生に関する職務を行う技術系の公務員である食品衛生監視員について紹介し、県の食品衛生監視員の仕事として、食品関連業者への監視指導や調査・相談の業務などについて説明した。

講義資料はこちら[PDFファイル/1.04MB]

講義(2)

「株式会社鎌倉ハム富岡商会本社工場における食の安全・安心の取組みについて」

株式会社鎌倉ハム富岡商会本社工場 品質保証課長 小林 剛士 氏

布巻きハムの製造工程について動画で説明があった。次に、食の安全・安心の取組みについて、ISO9001の認証を取得し、顧客満足や品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現していること等の説明があった。

布巻きハムの製造工程のホームページはこちら(別のウインドウで開きます)

株式会社鎌倉ハム富岡商会の品質管理に関するホームページはこちら(別のウインドウで開きます)

施設見学

パネルや動画、創業当時の商品等の展示品等の説明を受け、株式会社鎌倉ハム富岡商会の歴史を学んだ。その後、原材料の豚肉の「磨き」工程やソーセージの「充填」工程等を見学した。

パネル見学風景 包装見学
パネルを見学 包装ラインを見学

質疑応答

質疑応答の結果はこちら[PDFファイル/74KB]

アンケート

アンケートの結果はこちら[PDFファイル/328KB]


前のページへもどる

かながわの食の安全・安心のページへもどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa