令和元年度第2回海水浴場の水質検査結果について

掲載日:2019年7月29日

1概要

 海水浴シーズン前の5月に引き続き、シーズン中の7月に、県、横浜市、横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市及び小田原市が県内の25海水浴場の水質検査を実施したところ、環境省の定める水浴場水質判定基準で「適」又は「可」と判定されました。
 併せて、腸管出血性大腸菌O157の有無を検査したところ、全ての海水浴場において検出されませんでした。

2調査方法等

 資料1のとおり

3結果

水質判定

不適

合計

検査実施月日

水質AA

水質A

水質B

水質C

海水浴場数

9

8

8

0

0

25

7月1日から9日のうち2日間

 

腸管出血性大腸菌O157は全ての海水浴場で不検出でした。

各海水浴場水質検査結果と過去5年間の水質判定結果別海水浴場の数及び令和元年度第1回海水浴場水質検査結果との比較は、資料2のとおりです。

資料1

調査方法等(PDF:142KB)

資料2

令和元年度第2回海水浴場水質検査結果・過去5年間の水質判定結果別海水浴場の数(PDF:128KB)

令和元年度第1回海水浴場水質検査結果との比較(PDF:122KB)

参考

令和元年度第2回海水浴場水質調査結果(地図)(PDF:201KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。